ワキ脱毛を行う際の施術方法について

ワキ脱毛を行う際には基本的にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛といった施術方法で行うのが主流です。

 

レーザー脱毛は基本的には医療機関で行われるような脱毛方法で、レーザーによる出力が高く脱毛効果も優れていますが脱毛時に肌への負担がかかったり費用が高めであったりします。

 

一方でフラッシュ脱毛はエステサロンなどで行われるような脱毛方法で、レーザーよりも出力が低いため肌への負担が軽く済み照射も広範囲にわたる事から施術に要する時間も短くて済みます。

 

しかし出力が低いことからレーザーよりも脱毛効果がなく、施術する回数も多くかかったりします。

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の特徴はおおまかには以上のようなことが言えますが、ワキ脱毛ではこれら以外にもニードル脱毛と呼ばれる方法があります。

 

これはワキの部分に色素沈殿があったりするなどして、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛といった施術が受けられない場合の施術方法の選択肢の一つとしてあります。

 

特徴としては施術を行えば永久に生えてこないと言われるほど効果がありますが、麻酔なしだと施術中において痛みが激しく、しかも施術にも時間がかかったり料金が高かったりします。

 

その他家庭用脱毛器を使えばフラッシュ脱毛くらいの効果を得られるうえに自宅で簡単に脱毛できますが、やり方によって脱毛後の仕上りの良さも変わってくるので、事前に説明書を良く読んだりしてから使用するようにする必要性があります。